blog

Googleアドセンス以外の稼げる広告!Googleアドセンスの審査に落ちても気にするな!

どうも、こんにちは『とむ郎』です。

Googleアドセンスの審査に落ちてから早3ヶ月が経ちました。

収益化を目指してブログを開設したものの、Googleアドセンスの審査に合格せず、審査基準が曖昧でどこをどのように手直しすればいいかわからないという方も多いが多いと聞きます。

いまでも多くの方がGoogleアドセンスで収益を得るためにブログの更新を続けていますが、アドセンスの審査に落ちたことをきっかけに「今までの時間は何だったんだ」と後悔し、諦めてしまう方も多いのです。

せっかく作ったブログを収益化ができないからといって、途中で諦めてほしくなかったので、Googleアドセンス以外の稼げる収益方法をご紹介したいと思います。

ブログの収益化はGoogleアドセンスだけではない

『ブログの収益化=Googleアドセンス』だけではない

ここで理解してほしいのは、一体何のためにブログを始めたのか。初心に振り返り自分の胸に手を当てて聞いてみましょう。

Googleアドセンスの審査に合格し、Googleアドセンスで収益を得たいと最初から思っていましたか?

本質的な部分は”Googleアドセンスの審査に合格する”ではなかったはずです。

おそらくは”少しでもお金を稼ぐためにブログを始めた”方がほとんどです。

たくさんアクセス数を稼ぎたいと思っているのも、最終的にはブログで収益を得るために努力しているのです。

Googleアドセンス以外での収益化

一般的なGoogleアドセンス以外での収益化方法は下記の通りです。

  • 通常アフィリエイト広告(成功報酬型)
  • Googleアドセンス以外のクリック報酬型広告

これ以外にも、ブログを書籍化したり、企業にブログを売り込みスポンサーとなってもらう方法もありますが、営業力が必要になってくるので、今回は省きます。

通常アフィリエイト広告(成功報酬型)とは?

通常アフィリエイト広告(成功報酬型)は、一般的な物販広告、またはサービスの広告をブログ内に貼り付け、その広告から何らかの成果が発生した場合にブログ主の報酬となるモデルの広告です。

楽天やAmazonの商品リンクも通常アフィリエイト広告(成功報酬型)です。

一般的には、クリック報酬型よりも高い報酬単価が魅力ですが、通常アフィリエイト広告(成功報酬型)専用に記事を作らないといけなかったり、サービスの事をライバル(アフィリエイター)以上に理解しておく、SEO対策も万全にする必要があるので、玄人向けの収益化方法だと考えています。

よっぽどの事がない限り、通常アフィリエイト広告(成功報酬型)は個人ブログで稼ぐには向かないので、お勧めはできません。

ただ、楽天やAmazonの商品リンクを貼る通常アフィリエイト広告(成功報酬型)であれば話は別です。

楽天やAmazonの商品リンクは関連性の高いブログ記事を書くことでブログに訪問してくださるユーザーの購入意欲を掻き立て、怪しさなく商品を勧めることができるのでブログで収益化を行うには適しています。

例を出すならば、自らが購入した商品に対するレビュー記事です。

商品の良し悪しを自分の目線で書くタイプの記事を作れば怪しさなくブログの収益化につなげられます。

Googleアドセンス以外のクリック型広告とは?

こちらは、Googleアドセンスと同じく、ブログを閲覧したユーザーが広告をクリックするとブログ運営者に報酬が発生する広告です。報酬形態はだいたいGoogleアドセンスと同じと理解しておいて大丈夫です。しかし、Googleアドセンスと比較すると報酬単価の低さが懸念されます。

Googleアドセンス以外のクリック報酬型の収益モデルは下記の通りです。

収益=クリック単価(1回のクリックで発生する報酬)×ページCTR(1PVごとのクリック率)×PV数

Googleアドセンスを含むクリック報酬型広告はこのモデルとなっています。

PV(ページビュー)とはブログ内の特定のページが閲覧された回数を意味しています。

ページCTRはページ内での1PV当たりのクリック率の事で、簡単に説明すると1000回ページが閲覧されたとして、10回クリック報酬型広告がクリックされると、ページCTRは1%となります。

Googleアドセンス以外のクリック報酬型広告なら

Googleアドセンス以外のクリック報酬型広告でも十分収益化は可能です。それぞれの企業の特徴を見ていきましょう。

Zucks(ザックス) - Zucks Ad Network

Zucks(ザックス)はスマートフォンに特化した広告配信を強みにしています。クリック報酬以外にも成果報酬型の広告も提供しています。

スマートフォンに特化しているため、パソコン用ページでの収益性はありませんが、一応パソコン用ページにも広告を掲載することはできるようです。

今の時代、スマートフォンで情報を集める時代になっているので、スマートフォンに特化した広告を貼れるのはブログの収益化には欠かせません。

もちろんある程度のPV数がなければ利益は出ませんが、それでもブログの収益化ができる状態にしておくことが出来るので、Googleアドセンスの審査を受けるまでの準備期間中にでも広告を貼っておくことをおすすめします。

『ZucksAdNetwork』はこちら

Fing(フィング)のfam∞

個人ブログや、集客のできるメディアに対して手厚いサポートが受けられるFingのfam∞は、クリック報酬型広告を専任の担当者と共に効率を最大化させながら共に収益化を図ることが出来ます。

様々な保障体系もあり、クリック保証だけではなく、表示回数に応じて報酬をもらうこともできます。

ブロガーへのサポートの手厚さは業界No.1といっても過言ではありません。親身になって相談を受け付けてくれるので、広告を貼るのが初めての方にはおすすめです。

『fan∞』はこちら

忍者AdMax

忍者AdMaxは圧倒的に初心者向けです。広告審査が一切ありませんので、始めてブログを公開された方でも収益化できる広告をブログに貼り付けることが出来ます。

他社のアドネットワークに比べると多少怪しそうな雰囲気は感じますが、Googleアドセンスの審査に通るまでの間や、ブログがGoogleアドセンスの審査規約によりアカウント停止されてしまっている間の代用広告として使用する方もいらっしゃいます。

Googleアドセンスに比べると報酬金額はかなり少ないように思いますが、収益が無いよりはマシと考えて広告を貼ることをオススメします。

『忍者AdMax』はこちら

【まとめ】Googleアドセンス以外の収益化方法について

いかがでしたでしょうか?Googleアドセンス広告以外にもこちらで紹介した方法以外にもブログの収益化方法はいくらでもあります。Googleアドセンスだけに囚われすぎず、自分のスタイルに合ったブログの収益化を目指して欲しいです。

複数社の広告会社に登録することによって、会社それぞれの強み、弱みが初めてわかります。また担当者が付く会社とつかない会社があったりと様々です。いい担当者が付くと、ブログ運営もより一層頑張ろうと思えます。

最近では、悪質なコンテンツが増えているサイトに対する規制強化なども背景にあって、Googleアドセンス側から、アカウントが停止されてしまうリスクもあるので、リスクヘッジの観点からGoogleアドセンス以外での収益化を行うサイトもあるくらいです。

まだGoogleアドセンスの審査に合格していない方や、これからブログを開設する人にも参考にしていただきたいです。