blog

【祝30記事】これからブログを書いていく人達へ『絶対にやるべきことを伝授』

どうもこんにちは、『とむ郎』です。早くも当ブログの公開記事も30記事となりました。更新が滞る時期もありましたが、ようやく30記事です。本当にブログ記事を更新するのは大変ですし、骨が折れる。

ブログを始めて、8ヶ月かけてこれくらいの更新頻度なので、かなりの、『のんびりブログ』ですよね(笑)

とにかく最初は書いて書いて書きまくるぞ!と意気込んでいたのですが、実際は忙しくてそんな暇もない時期もありました。こんなので本当にやっていけるのかと、絶望した時期もありましたがそんなこんなで、無事に30記事目を迎えることができました。ありがとうございます。

ブログを始める人たちは、書いてなんぼ!みたいな風潮があって、私も最初はたくさんのブログ記事を書くことを目標に掲げていたのですが、ブログ記事を書くのに、相当な時間を費やすんですよね。特に最初は

というのも、ちゃんとした記事を作るためには、下調べも必要ですし、ネタ集めなど。準備にも時間がかかるし、2,3時間かけて書いたブログ記事を翌日に書こうとして忘れてモチベーションが下がったり。

途中で記事公開するのをあきらめたブログ記事が10記事ほどあって、「あー、もったいないなぁ」なんて思ったり。

とにかくこれから30記事、50記事、100記事とブログ記事を書いていくうえで、これだけは『絶対にやるべきこと』をお伝えできればなと思っています。

この記事で伝えたいこと

☑これまでのPV数や発生した収益について

☑これから記事を更新していく人に伝えたい『絶対にやるべきこと』

30記事公開したブログのリアルな状況

このブログを立ち上げたのは、2019年7月から。

ブログを開設して圧倒いう間に半年以上が経ってしまいました。半年たって、30記事なんて恥ずかしくて公開できないかもしれない。(笑)

しかも公開しているブログ記事なんて、文字数が少ないものだったり、ツイッターの引用系記事だったりと割と適当に作った記事ばかり。(笑)

逆に言うと、そんな適当な記事でも30記事書いて、これくらいなんだという指標になれば幸いです。

30記事公開した中の人のステータス

また、当ブログの中の人のステータスについても書いておこうと思います。

当ブログの中の人『とむ郎』のステータス

☑個人活動のフリーランス

☑普通のサラリーマンより少し忙しいくらい

☑ブログを運営するうえでの特別なスキルは一切持っていない

☑1カ月にブログを更新できる時間は約15時間程度

☑特別ライティング力もあるわけでなく、デザイン力があるわけでもない

ブロガー界隈でもかなりのスローペースでなおかつ、特別な集客能力(SNSは多少やっているが)もあるわけではないです。

当時更新したブログ記事も併せてみていただけると幸いです。この時期はまだ、ブログ更新のために目をギラつかせながらバリバリ更新していました。(笑)

https://www.tom-log.com/blog/2%E3%83%B6%E6%9C%88%E9%96%93%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%82%92%E9%81%8B%E5%96%B6%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%A6%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E4%BA%8B%E3%80%82/

30記事公開した場合のページビュー数

それでは、実際にかなりスローペースでのんびりブログを更新した場合の結果発表をしていきます。

なんだこれ。ひどすぎる。(失笑)

これがスローペースで30記事を更新したブログの結果になります。これからブログを始めようと考えている皆様に見せられるような結果ではありません。これが現実なんです。(笑)

THE平凡』といったところでしょうか。いや、むしろダメすぎる

あまりにもひどすぎるのですが、1カ月毎のPV数もしっかりと確認しておきましょう。

1ヶ月目(2019年7月)130ページビュー
2ヶ月目(2019年8月) 315ページビュー
3ヶ月目(2019年9月) 43ページビュー
4ヶ月目(2019年10月) 93ページビュー
5ヶ月目(2019年11月) 70ページビュー
6ヶ月目(2019年12月) 124ページビュー
7ヶ月目(2020年1月) 48ページビュー
8ヶ月目(2019年2月) 67ページビュー

最初の勢いよ、どこへ行ってしまった。。。

まったくもって、公開するほどでもない活動記録。本当に申し訳ありません。

ただ、惜しくも検索エンジンにHITはしているはずなんです。

30記事公開した場合の検索流入数

サーチコンソールのデータもご覧ください。

まぁ、これもひどい。8ヶ月間ブログを運営していて、SEOでの流入が102とはひどすぎる。

ただ、これを見てわかる通り、徐々にSEOでの流入が増えていることは見てわかりますよね。これを続けていけばいつかは流入数が増えていくはず!と思いながらモチベーションコントロールしています。更新頻度はかなり低いですが。

平均掲載順位を見てもらうとかなり掲載順位が低いことがわかります。検索するユーザー(読者)の目にも止まらない位置にブログ記事が掲載されているので、今ある記事をさらにブラッシュアップ、リライトを加えていけば、多少は変化が見込めるかなといった印象です。

30記事公開した場合のブログ収益結果

さて、皆さんが一番知りたいのはブログの収益なんじゃないでしょうか。

大変お待たせ致しました。それでは実際に見ていきましょう。

1ヶ月目(2019年7月)0円
2ヶ月目(2019年8月) 0円
3ヶ月目(2019年9月) 0円
4ヶ月目(2019年10月) 0円
5ヶ月目(2019年11月) 0円
6ヶ月目(2019年12月) 0円
7ヶ月目(2020年1月) 0円
8ヶ月目(2019年2月) 0円

なんだこれ。ひどい。ひどすぎる。誰もが想定していなかった。こんな結果になることを誰が予想できたであろう。

ここまで記事をご覧いただいた方だともうお分かりの方もいらっしゃると思いますが、当ブログには、GoogleAdsenceは繋ぎこんでおりません

そもそも審査に通っていないです。残念です。またブログ記事数が増えたら審査に出してみようと思っています。

ブロガー界隈ではこのような結果になる人のほうがほとんどで、実際にブログで収益化できました!といったブログ記事を読まれた方は、ページを検索結果の上位にあげることに成功している人達なので、収益化できていて当たり前なんです。そもそもページビューがあるので。そのブログにどうやってたどり着いたのか考えてみてください。

検索する→ブログ記事タイトルが気になってタイトルをクリックする→ブログ記事を読む→アドセンスの収益化→結果が出る。

単純にSEOに成功しており、流入数が増えればページもGoogleに評価されどんどん上位へと押し上げられる。

すみません。嫉妬です。私も収益化したいです

30記事公開して理解した『絶対にやるべきこと』

いろいろ愚痴をこぼしながらでも私が今思う、30記事を公開するまでに『絶対にやるべきこと』をお伝えしておこうと思います。

8ヶ月間ブログを運営していて、このような結果しか残せていないこと。このように収益もない、ページビュー数も少ない状況にならないよう頑張ってください!(笑)

30記事を公開して理解した。まずはSEOが基本!

とにかく、ページビュー数を稼ぐ必要があるので、SEO対策は絶対に必要なものの一つです。

私も素人ながら、SEOの基本についてはいろんなサイトを拝見してとにかく素人でもやれることを洗い出してみました。

とにかく記事を書けばいいというのは『数打ちゃあたる戦法』です。たまたま記事が検索上位に上がったパターンとかのブロガーもいるにはいるので、ブログ記事を量産するということは必ずしも間違いではないですし、SEOのことを考えないブログ記事を量産するのは間違いではないです。

ただ、SEOを意識すれば数打たずとも検索上位に上がってくることはありますし、それなりにページビュー数を稼ぐことだってできます。

SEOが大切なのは、ブログでこれから収益化していく方にとって大切なのは百も承知のことだと思って話します。とにかくブログ記事を量産するのは、ただただ誰にも検索されずに埋もれていくのが『オチ』なので、計画的に記事をアップしていくのがいいと思っています。

まぁ、私自身も結果が出せていないので、これからはブログ記事を公開する前に事前にSEOがしっかりと考えられているかどうかをチェックしながら公開していきます。(笑)

どれだけたくさんのブログ記事を公開しても、誰にも見られずに埋もれたブログ記事として消えて(実際は消えていません)行くのは悲しすぎる。しっかりと考えて作ったブログ記事。誰かに見てほしいと思うのなら、SEO対策はしっかりとやっておきましょう!

ブログ記事はキーワード選定が重要?

まずは、キーワードが基本です。どんなキーワードで検索されたいか。細かいことは気にせず、まずは検索されたいキーワードに対してブログ記事を書けるかどうかが重要です。

例えば、当ブログ記事でしたら、「30記事」「ブログ記事」などのキーワードで検索が欲しいので、それなりに記事内に「30記事」、「ブログ記事」をテキストをまぶしながら記事を書いています。

キーワードの選定などは、皆さんが使われているもので基本的に大丈夫だと思います。

私が使用しているのはGoogleのキーワードプランナーです。どれくらいの検索ボリュームがあるのかを調べることができます。

本当にざっくりでしか、検索ボリュームが出ないので、もっと細かく見たい!と思われる方はこのようなツールもありますので、ぜひ一度使ってみてください。

https://aramakijake.jp/

検索されたいキーワードでどの位置までくれば流入数がどれくらい、、、みたいな。

参考になるツールでもありますので、ぜひ使ってみていただければと思います。

ブログ記事に選定したキーワードで検索する?

では、次に実際に選定したキーワードのライバルにあたるブロガーたちの記事を見てみましょう。

これも結構重要です。実際に上位表示されているライバルたちの記事はGoogleが検索したユーザー(読者)に対して有力な情報を提供していると認識しているのです。

敵は、ライバルブロガーと、Googleです。

Googleは敵でもあり、味方でもありといったところでしょうか。味方に付けば怖いもの無し。Googleを味方につければブログ記事を上位にあげることも簡単にできます。味方につける方法がSEO対策です。なので、SEO対策は本当に無視できない施策なんです。

ここで考えるのが、ライバルのブロガーとどうやって戦っていくか。まずは、ライバルのブロガーが書いたブログ記事に補足できそうな内容はないか。それ以上に詳しくブログ記事を書けるか。

上位表示されているライバルブロガーのブログ記事に情報量で負けないブログ記事を書くことができれば、おのずと検索結果の上位に表示されていきます。

そうやってユーザー(読者)の知りたい情報+@をブログ記事にしていくことがライバルブロガーに勝つためのSEO対策だと思います。

ブログ記事に選定したキーワードで調べに来る理由とは?

今回のブログ記事に選定したキーワードは「30記事」や「ブログ記事」といったキーワードですが、そのキーワードで検索してくるユーザー(読者)が一体何を調べに来ているのかを考えること。

例えば、今回のキーワード「30記事」や「ブログ記事」のキーワードを検索しているユーザー(読者)が何を知りたいかを簡単に考えてみると

  • 30記事を書いてどれくらいの状況になるのか調べてみたい
  • 30記事のブログ記事を書くことによってのPV数、収益がどれくらいあるのか知りたい
  • 30記事を書いたときのブロガーの心境、自分のやっていることは正解なのか知りたい

ざっと簡単に出しましたが、初心者ブロガーや、これからブログを始めようとしている方がどれくらいの記事を書くことによって収益化ができるか、不安だからブログ記事を更新している初心者がどれくらいで結果が出るのかを知りたいといった感じでしょうか。

もうここはざっくりでいいです。考え出したらキリがないので。

ここまでこれば頭のいい皆さんであれば理解できると思います。

要は、ニーズを満たしたブログ記事を書いてあげればユーザー(読者)の知りたい情報が提供できるということです。

ユーザー(読者)達のニーズを満たすためにこのブログ記事で必要なのは

知りたいこと本当に知りたいこと(不安なこと)
30記事を書いている人はどんな人か私でも30記事を更新することはできるか
30記事を書くとPV数はどれくらいなのか30記事書けばどれくらいのPV数になるのか
30記事を書くと収益はでるのか30記事書いて収益が出るのであれば書いてみようか
30記事を書くために必要なこと30記事を書くためにはどうすればいいか
30記事を書いて収益化する裏技私でも簡単に記事を書けて収益化することはできるか

こうやって裏のニーズまで引き出し、それをブログ記事化できれば、検索結果の上位表示は時間の問題!なんて上手いこといかないのがSEOです。

ただ、これを事前に考えておけるかどうかで、ブログ記事の構成や、表現の仕方、ユーザー(読者)のニーズを満たすことができて、検索結果の上位に上がりやすくなるのは事実です。

30記事もブログ記事を公開しておきながら、ひどい結果しか出せていない私もまだまだ勉強不足です。単純に、当ブログのページビュー数や、収益の話をしてもユーザー(読者)は何も面白くありません。何かタメになる情報の一つや二つを学びにブログ記事を見ていると思うと、ユーザー(読者)のためにできることはないかと模索し情報提供できればSEO対策はそれで充分だと思います。

30記事を公開して理解した。タイトル、ディスクリプションの重要性

SEO対策の基本を理解して、さらにユーザーを記事に引き込むための最大の施策として重要なのが、ブログ記事のタイトルです。

新聞や、CM、メディアもブログもそうです。おっ!と気になるタイトルがなければユーザー(読者)ブログ記事を見に来てはくれません。検索結果の上位に表示されていればさほど気にする必要もありませんが、記事タイトルだけでもページへの流入数は大きく変わります。

私のように対して取り柄のない人間にとって、すぐに使える情報というのは、本当に少ないです。プログラミングができる人と比較してみましょう。

『とむ郎』プログラミングができる人
夜食の情報を探せば提供できる最適なプログラミングが情報としてすぐに提供できる
夜食の情報をまとめて記事にするプログラミング名をタイトルにして使い方を記事にする
ユーザーは調べておなかを空かせるユーザーは知りたい情報をすぐに調べて利用することができる
記事タイトルが適当だとそもそも見られない記事タイトルが適当でも知りたい情報があればすぐに実践できる
目的を持って検索しにくるユーザーがいない目的を持って検索をするユーザーがいる

すこしわかりづらいですが、今すぐ役に立つ情報が少なく、企画や面白さが提供できる記事しかない場合、「おっ…おもしろそうだぞ、この記事」と見つけてもらうしかないですし、先ほどのキーワードの話に少し戻りますが、ライバルブロガーよりもいい記事を書いていてもページを見てもらえなければどうしようもない。という状況になりがちです。

ですので、SEO対策と同様に、記事タイトルが非常に重要になってくるのです。

ブログ記事タイトルは入り口へ誘う看板!

様々な記事がある中で、私のブログ記事を選んで見てもらうために大切にしていること

  • わかりやすい
  • 親しみやすい
  • おもしろそうに思わせる
  • おどろきが伝わる
  • ハッタリもかます(笑)

記事タイトルは、検索結果に表示される大きな部分を占めるので、記事タイトルの30文字でいかにユーザー(読者)を惹きつけられるかで大きく変わります。

記事の概要(ディスクリプション)については後ほど触れますが記事タイトルでは、これはいったいどんな記事なんだ!?というような興味をそそるタイトルを頑張って考えます。

  • ユーザー(読者)が知りたいと思うような事実をタイトルに生かすこと
  • ユーザー(読者)が共感できるポイントを見つけること

このあたりを抑えながらブログ記事のタイトルを考えています。

ブログ記事のディスクリプションは、ほんの少しの共感を!

タイトルが店舗への入り口の看板であれば、ディスクリプションは看板に書いてあるおすすめのメニューといったところです。本日のおすすめメニューが『フランス産フォアグラのテリーヌ リュフとブッフサレ リ・ド・ヴォとレンズ豆のガトー仕立て』と書かれていても何がなんだか。ただところどころのキーワードでおいしそうと感じられる部分(共感)を書いてあげることが非常に重要です。

ちょっとわかりづらいし、想像しづらいくらいがディスクリプションにはちょうどいいです。

なぜならディスクリプションで結論を書いてしまうと記事を見てもらうことなく素通りされてしまうからです。

なので、ところどころわかりづらく、でも書いてある内容はだいたいわかる。私たちブロガーは実際に記事を見に来て初めて記事の内容を理解させたいので。ディスクリプションの部分は結論を書かず、少しわかりにくい表現を使い、記事の概要を紹介する

私もまだまだ学ぶことが多いブログ運営法ですが、手探りで30記事も書けばこの程度の知識とモチベーション維持の方法くらいは学ぶことができました。

ブログは簡単に稼ぐというより地道な努力と仮説、検証が永続的に必要なので、それに耐えうる精神が必要です。(笑)

しかし、30記事しか書いていませんが、地道に続けることで理解したこと、ライバルブロガーの記事構成や学びが多いのも事実です。

まとめ

これからブログを始めようと思っている方や、さぁたくさん記事を書くぞ!と意気込んでいる皆さん。とりあえずブログ記事を100記事書けばOK!ということではなく、SEO対策を学びながら、タイトル、ディスクリプションを考えながら、仮設、検証を行いながらやっていくことで自らのノウハウになります。

最短で結果を出すための近道は考えてブログ記事を書くこと。知らないことはわかるようになるまで勉強すること。

今回も最後までブログ記事を読んでくださり、有難うございました。

一緒にブログ運営頑張りましょう!