生活

大阪市民が受ける人間ドックの助成金について

どうもこんにちは、Tomokiです。

大阪市の施策で、人間ドックの費用が一部だけ助成金として補助されているのはご存じですか?

人間ドックのお金が返ってくるーーー!!!

大阪府後期高齢者医療広域連合が、被保険者の人間ドック受診料の費用の一部を負担してくれるそうです。

費用の助成金を受けるためには、住んでいる地域の区役所(保険年金業務担当)の窓口に書類を持っていき申請するだけ。

めっちゃ簡単。1年に1回しか助成金はもらえません。

各年度 4月1日から翌年3月31日までの1回きり

1回の受信につき、最大26,000円が戻ってきます!

人間ドックって保険適用外のものが多いので、この助成金は賢く利用する価値がありそうです。

面倒なのは区役所へ足を運び申請に時間をかけなければならないということ。

たったこれだけ!

申請に必要なものまとめ

大阪市の人間ドック費用の一部を助成してもらうには、下記のものを必ず持って区役所へ行きましょう。

  • 人間ドックの領収書の写し
  • 被保険者証
  • 口座情報などがわかるもの(キャッシャカードや通帳)
  • 検査項目が確認できるもの(検査結果通知書の写し)
  • 印鑑

人間ドックを受けるのであれば、必ず申請をするまでに領収書を保管しておいてください。

人間ドックの領収書は必ず保管しておくこと

大阪市区役所の開庁・閉庁時間まとめ

大阪市の区役所の開庁時間、閉庁時間をまとめておきます。不安な方は一度区役所へ連絡してみてください。

開庁時間

月曜日から金曜日の午前9時~午後5時30分

※毎週金曜日のみ午後7時まで窓口の時間を延長。

閉庁時間

土曜日、日曜日、国民の祝日、国民の休日及び12月29日から1月3日は閉庁日となっています。

※毎月第4日曜日は開庁(区役所による)

注意事項

金曜日の時間延長や、日曜日の開庁など、対応していない区役所もありますので、事前に区役所に問い合わせてから、申請に行ってください。

まとめ

人間ドックは結構なお金がかかりますので、一部でも返還されると嬉しいですよね。

こういった助成金を知らない人は損をしますが、知っている人はお得に人間ドックを利用できます。世の中知らないと損することばかりです。

たくさんの生活の知恵を学んでほしいなと願っています。

それでは、また。

ABOUT ME
Tomoki
Tomoki
eコマースのコンサルタントをしております。ブログ運営や、オウンドメディアの運営など、幅広く活動中。最近は資産運用やポイ活なども実践しております。ワインにもハマってますので、お勧めのワインがありましたら、ツイッターにてDMいただけると幸いです。