生活

スーツにカビが!?あわてるな!そのカビ、自分でも落とせるぞ!

どうもこんにちは、Tomokiです。最近、雨が続いたり、湿気の多い時期が続いて、スーツにカビが生えてしまった、、、、なんてことありませんか?

そのままにしておくのは他の衣類にカビが移ったりするので、早めに対処しておきたいですよね。でも、クリーニングに出すには、ちょっと、、、という方!ちょっと待って!そのカビ!応急処置できます!

自宅でできるスーツのカビの落とし方

「どうしても、明日スーツを着なくちゃいけない」「クリーニングに出している時間がない」そんな時に、応急処置として自宅で簡単にカビを落とす方法を紹介します!!!

カビの落とし方①-濡らして固く絞った布巾で叩く!

カビがちょっとだけ生えてしまった、これは果たしてカビなのか?という程度であれば、ぬるま湯で布巾を濡らして固くしぼった布巾で軽く叩けばOK!簡単にカビが落ちます!

拭くのではなく軽く叩く

カビの落とし方②-お湯につける!

カビの落とし方①でもスーツのカビが落とせない場合は、カビの生えた場所を40度くらいのお湯につけ、固くしぼった布巾でカビの生えた部分を軽く叩くように落とします。

カビが取れたらドライヤーなどで乾かし、しばらくの間陰干しをしておきましょう。カビは40度以上で生育が不可能なので、殺菌はそれ以上の温度で行うのがGood!!

スーツの素材がウールなどの場合は、粗材を傷めないように短時間でパパっとカビを取りましょう!

カビの落とし方③‐消毒用エタノールを使う

お湯だけでスーツのカビが取れない場合は、消毒用エタノールを使ってカビを落としましょう!まずは、スーツの表面を軽くブラッシングし、表面のカビを落とします。

歯ブラシなどの毛先の細かいブラシを使い、ブラシの表面に毛先が湿る程度のエタノールを付着させます。カビの生えた部分を軽く叩くようにしてスーツのカビを落としましょう。カビが目立たなくなったら、あて布をしてアイロンをかけるか、ドライヤーを20㎝以上離して乾かしてください。

この消毒用エタノールはスーツの素材によっては、色落ちの原因にもなってしまうので、あらかじめ裏地で色落ちしないか確かめてから使用するようにしてください。

カビの落とし方④‐殺菌効果の高いハッカ油を使う

エタノールよりもさらに殺菌効果が高いのがハッカ油。ハッカ油は濃いためそのまま使うのではなく、ボトルに水90ml、エタノール10ml、ハッカ油10滴ほどを混ぜスプレーに入れて使用します。

直接カビの部分に吹きかけて歯ブラシで叩くようにして落としましょう。その後よく乾かせば完了です。

おそらく、ハッカ油が自宅にない可能性が高いのでこちらのカビの落とし方はおススメできません。

応急処置の注意点

応急処置の他にも漂白剤を使ったスーツのカビを落とす方法もありますが、スーツの素材によっては、色落ちの原因にもなってしまうので、注意が必要です。

また白カビであれば、手ではたけば落ちるものもあります。この場合、カビ菌が飛び散ってしまうので、ベランダではたくようにしてください。

以上のような応急処置は、あくまでも表面のカビを目立たなくするものです。完全にカビ菌を落とす方法ではないので、ちゃんとカビ菌を落としたいのであればクリーニング屋さんに持っていくことをお勧めします。

そもそもなぜスーツにカビが生えるのか

カビが生えてしまう原因はさまざまですが、カビの発生原因を知って、正しく予防すればお気に入りのスーツにカビが生えることなく、クリーニング屋さんに払うお金も無駄にならずに済みます。

カビ発生の原因は湿気です。さらに、ほこりや汚れ、汗、食べかすの付着がカビの養分になります。さらにウールなど動物性の天然成分もカビの養分となるので、スーツのカビを発生しないようにするので、あれば細かな対応が必要になります。

カビを知って対策しよう!

クローゼットに湿気はNG

カビの大半の原因となるのが湿気です。クローゼットの湿度が高いと、収納している衣類がカビてしまいます。クローゼットに湿気がこもらないようにこまめに換気するか、除湿剤を置くようにしましょう。

クローゼットに服を詰め込みすぎもNG

隙間なく洋服をクローゼットに詰め込みすぎると湿気がこもったり、カビが発生した洋服から別の洋服へと移ってしまいます。余裕を持った収納を心がけて!

着用後のスーツをすぐに収納するのはNG

1日着用したスーツは、汚れや湿気がこもっていて、カビの温床になりやすいです。スーツを脱いだらとりあえずブラッシングをして、半日以上陰干しして汗抜きをしてから収納するのがGood!特に雨に濡れた日などは、長めに陰干しすることが非常に重要です。

汗や汚れを取らずに放置はNG

汗や汚れは何度も言いますが、カビの温床になります。気になったらすぐにスチームアイロンのスチームを含ませて汚れを取ること。こまめにケアすることでカビから大切なスーツを守ります。また、こまめにケアすることでスーツも長持ちします。

毎日同じスーツを着るのはNG

毎日同じスーツを着ていると、汗や汚れが固着してしまい、カビの温床になります。スーツもすぐにくたびれてしまうので、1日着用したのであれば、2日以上はそのスーツが休めるように3着は用意しておきましょう。また、毎日同じスーツを着ていると、周りの女性にも嫌われてしまうかもですよ!

クリーニング店のビニールを着けたままはNG

クリーニングから帰ってきたスーツにはだいたいビニールの袋がかぶせてありますよね?

そのままクローゼットに収納する人、結構多いです。

これNGですよ!そのまま保管することで湿気がこもりやすくなるので、外してからクローゼットに収納してください。

ほこりなどが気になる場合は、スーツ保管用の不織布カバーを使うといいですよ!

使わないスーツをクローゼットに入れたままはNG

頻繁に着ないスーツでもずっと収納したままで放置しておくとカビやすくなります。年に1回~2回はクローゼットから出して陰干しをおこない、湿気を取り除くと大切なスーツも長持ちしますよ!

忙しいあなたにとっておきの宅配クリーニング

スーツにカビが生える前に、定期的にクリーニングしておくのがイケてる男の基本!でも忙しい毎日を送るサラリーマンにとって、クリーニング店にスーツを持っていくのは本当に時間の無駄です。もっとスマートにスーツをクリーニングに出すこの方法なら、時間を大切にできること間違い無し!

まとめ

カビを発見したら応急処置をし、クリーニング屋さんに行くのが一番!クローゼットはしっかり除湿し、カビが発生しない環境を作る。スーツは毎日同じものを着ず、脱いだら陰干しを徹底!イケてるサラリーマンは身だしなみから!

ABOUT ME
Tomoki
Tomoki
eコマースのコンサルタントをしております。ブログ運営や、オウンドメディアの運営など、幅広く活動中。最近は資産運用やポイ活なども実践しております。ワインにもハマってますので、お勧めのワインがありましたら、ツイッターにてDMいただけると幸いです。